韓国を旅行していて、珍しいこと、感心した事、驚いた事

2010/09/20 16:42 に 茨城同窓会 08A が投稿   [ 2010/09/24 0:41 に更新しました ]
石川 愼二

その1つ目にお墓があります。


釜山から3000kmソウルまで高速道路をバスで走りました。
車窓から見える小高い山々に、土まんじゅうのお墓が無数に点在しています。
あとで聞いたのですが、韓国は土葬が基本で、現在でも50%ほどは土葬だそうです。
このままでは、山がお墓で埋め尽くされてしまうと危惧され、火葬にすべきと政治家が率先して実行しているそうです。
2010年4月22日(木) 午後1時49分ML投稿より



その二つ目です。

それは、3月のなかばは修学旅行のシーズンだそうです。
プルクッサ(仏国寺)、ソックラム(石窟庵)は全国の小学生定番の訪問地なのだそうです。
長い小学生の行列は私共のじゃまにならないようにキチンと左側に長蛇の列を作っていました。
チョヌン イルボンサラム エヨ(私は日本人です)と云ったら、ナ ヌン ハンクックサラム エヨ(私は韓国人です)と返ってきました。
今度は英語で語りかけたら、立派な英語で返ってきました。
韓国の小学生はかなりの英会話が出来ます。
韓国人は国際化に敏感ですね。
驚きました。
2010年4月22日(木) 午後1時49分ML投稿より

その三つ目です。

既に、一部の方にはお話ししましたが、一昨年韓国一人旅の折のことですが、ソウルの地下鉄にラッシュアワーに5回乗りました。
そして、三回私に席を譲ってくれました。
その後仕事で阪急電車に何回か乗りましたが、その様な事は一度も起こりませんでした。

友達にこのことを話すと「それは儒教ですよ」と言います。
確かに「長幼の序」は生きているようです。
それから、若者の礼儀が正しいように思えます。
これは徴兵制度、兵役の影響だと云う人が多いようです。
2010年4月23日(金) 午後11時18分ML投稿より

その四つ目です。

初日4月8日の釜山泊は「ホテル農心」でした。此処には韓国でも珍しい温泉があります。
結構広い立派な温泉でした。
ほぼ日本の温泉大浴場と同質です。
女湯は分かりませんが、男子湯では脱衣場や浴場で前を隠しません。
全員がフリチン、ぶらぶら、・・・この光景如何ですか?

たまたま、当日はロッテジャイアンツ(釜山)とLGツインズ(ソウル)との試合があり、アウエーLGツインズの選手が風呂に入ってきました。
聞きましたら、地元ロッテジャイアンツに勝ったそうでした。
2010年4月25日(日) 午後10時25分ML投稿より

その五つ目です。

韓国の車はその殆どが韓国車です。ほとんど外車(日本車を含む)は見あたりません。
今年になって、ヒュンダイは日本から撤収しました。
日本では知名度がかなり低く韓国車は見うけられません。
ところが世界ランキングでは実に六位です。500万台弱でトヨタの781万台のトップが見える位置です。(最新の情報では720万台です)
韓国車は無視できません。

ヒュンダイの本社ビルは昌徳宮(チャンドックン)の至近に位置し、そのビルはとても質素です。
経営姿勢が伝わってきます。

私の兄はヒュンダイのでかいのを乗っています。
買ったばかりの時に運転させてもらいましたが、全然問題はありませんでした。
2010年4月28日(水) 午後1時43分ML投稿より

その六つ目です。


韓国の古民家は外壁を土と瓦と煉瓦でしっかりと囲っています。
今回訪れた安東の河回村は両班(ヤンバン)の住居を今に伝える古民家部落でした。

河回村は名前の通り、洛東江上流にあり、河回村は”U”の字の河の要害に守られており難攻不落と思える佇まいでした。
その上、各家には、立派な門構え更には外壁を土と瓦と煉瓦でしっかりと囲っています。
不思議に思えるのはそれほどまでどうしてセキュリティーを意識しなければならないのか?韓国人は他人を信用できないのか?
不思議に感じるます。

しかし何かの本に書いてある事が頭をよぎりました。
つまり、他民族からの防御です。
韓半島は他民族の侵入の繰り返し歴史でその経験により、必然的に、自然に、このようになったのだと・・・

そう言えば、ソウルにしても北京にしても、大陸の都はすべて外壁をめぐらしています。
それに引き比べ平城、平安の都には、その様な防壁は見あたりません。誠に平和な国です。もっとも海という自然の要害に守られているいるからでしょう。
2010年4月29日(木) 午前8時48分MLより

その七つ目です。

韓国には、シャッター通りが見あたりません。
あれだけモータリゼーションの波が押し寄せている中、私の見る限りでは郊外型ショッピングモールが見あたりませんでした。
それどころか、ユニクロがソウルと釜山の街中に進出してきました。

大型商業施設開発には何らかの法的規制があるのか、或いは発展途上なのかは定かではありませんが、
何処へ行っても商店街は頑張っています。
2010年4月29日(木) 午後9時46分ML投稿より

その八つ目です。

4月26日(月)に、茨城空港に立ち寄ってきました。
茨城空港のサポーターとして、どの様な状況か気になる所です。

ところが、予想に反して見学者がぞろぞろ・・・
平日の月曜日なのに、この人々・・・
売店の亀印さんに聞きました。「昨日の日曜日は如何でした?」その答え「このフロアまったく身動きが出来ませんでしたよ」
どうして飛行機に乗らないのにこんなに来場するのか、私にはまったくよく分かりませんでした。
ただ平日は、自衛隊の戦闘機発着訓練が見られます。
これを見に来るのかなとも思ったわけです。

ところで、その時間はアシアナ航空がインチョン(仁川、ソウル)からの到着時間でした。
ターミナル前に西山荘カントリーのマイクロバスがお客さんを乗せています。その韓国人ゴルファーの半分は中年女性です。
キャディーバックで韓国のお客さんだと言う事がすぐに分かりました。
なぜ、日本のゴルフ場にわざわざ飛行機で来るのか不思議に思って調べてみました。

   ゴルフ人口   ゴルフ場数
日本  850万人  2400コース  
韓国  275万人   280コース

これでは韓国のゴルフ需要に対応してないのが現状です。
グリーンフィもソウルでは12~24万ウォン(1ウォン≒0.08円)です。 

実はこの状況を垣間見て、下種の勘ぐりが脳裏をかすめました。
韓国の土饅頭のお墓です。
ゴルフ場を作るのには、あの無数の山の中の土饅頭を整理しなければならず、この問題が韓国のゴルフ場開発の軛(くびき)になっていたのでは無いかと勝手に想像しています。
2010年4月30日(金) 午前9時30分ML投稿より
Comments